眼科検診

眼科健診で早期発見を


眼の中の異変や生活習慣病などの影響で出血などがあってもほとんどの場合、自覚症状がありません。
異常の早期発見により、治療内容や治療後の回復は比べ物にならないほど変わります。
手術等を行わず、お薬で状態をコントロールすることも出来ますので、先ずは異常の有無をはっきりさせる為にも、定期的に眼科検診をしましょう。

当院では、特に下記のような検診を行っております。お気軽にご相談ください。

当院の眼科検診項目


緑内障:

上に戻る

加齢黄斑変性:

検査内容

(1)アムスラーチャート

網膜の中心(黄斑部)の自覚的な見え方を調べる簡単なテストです。

眼底に投影された方眼の模様は、黄斑部に異常があると特有のユガミや欠けとなって見えるのを利用して、
網膜の中心部(黄斑)の異常を簡単に調べる検査表です。


アムスラーチャート

(2)変視症定量評価チャート(M-CHARTS)

変視を認知するためには、ある一定の長さの連続した直線による網膜面への刺激が必要です。

この直線を、間隔の狭い点線から徐々に間隔の広い点線に変えることにより、次第に変視を認知しなくなります。
この現象を応用し、変視を短時間に定量評価することができます。


変視症定量評価チャート

(3)精密眼底検査

瞳孔を開いてから眼底を観察する検査です。

検査では網膜の中心部をカメラ撮影し画像で確認します。
この検査を行うと、ごく初期の小さな出血や異常まで見つけ出すことができます。


精密眼底検査

(4)蛍光眼底造影検査

網膜血管の異常を詳しく観察するために、造影剤を注入した後に眼底写真を撮影する検査です。

蛍光眼底造影検査

(5)光干渉断層計(Optical Coherence Tomography)検査

網膜(フイルムにあたる部分)、視神経乳頭、隅角の断層撮影を行う検査です。

従来の診察や眼底写真からでは分かりにくかった網膜の状態が解析でき、
網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。


光干渉断層計検査

上に戻る

糖尿病性網膜症:

上に戻る

ドライアイ:

上に戻る

Copyright(C) Sueshige Eye Clinic All rights reserved.