ABモード

 

Aモード:眼の長さ(眼軸)を測ります。
眼内レンズの度数をより正確に決定するための装置です
眼軸長測定、前房深度測定からIOL(眼内レンズ)の度数計算を行います。
これは眼にプローブと呼ばれる棒状の器具の先端を直接当てて、そこから超音波を出し、その超音波が障害物(各組織)で跳ね返る時間の差で角膜頂点から網膜までの長さを測定していきます。
Bモード:眼の断面図を超音波で撮影します
出血や網膜剥離を見る器械です
白内障、眼内に出血や混濁があると、眼底が見えません。この時、眼底に網膜剥離、出血、増殖膜の有無などがないかを超音波でチェックします。眼内の異物や、眼窩内腫瘍の検索にも使います
ABモード
 
 
 
 
 
 

CFF

 

 
視神経疾患などで使用します
視神経は、網膜がキャッチした情報を脳に伝える重要な神経です。
視神経に炎症が起きたり、障害がでると視力低下、中心がみにくくなることがあります。
 
 
CFF
 
 
 
 
 
 

ERG

 

 
 
網膜色素変性症などの眼底疾患における網膜の光に対する反応を記録します。
 
 
ERG
ERG波形画像
 
 
 
 
 
 

GP

 

 
 
動的量的視野検査と呼ばれ、視野全体の感度を視能訓練士が測定します。
ハンフリー自動視野計と同様、周囲を暗くした状態で検査を行います。
緑内障、視神経疾患等、視野に異常を感じる場合検査します。
 
 
GP
 
 
 
 
 
 

HFA

 

 
 
静的量的視野検査と呼ばれ、決まった範囲内での網膜の光の感度を測定します。
個人差はありますが、片眼約5分ぐらいの検査です。緑内障の早期発見に役立ちます。
 
 
HFA
 
 
 
 
 
 

OCT

 

 
 
OCTとは眼の奥の網膜、その中でも黄斑部・視神経乳頭の部分を断面図として映し出す事ができます。
この器械の特徴は、眼の奥の断面的な画像を検出することができる他、撮影部位の厚さなども測定することができます。
それによって、様々な疾患の状態や経過観察を行うことができます。
 
 
OCT
 
 
 
 
 
 

YAG

 

 
白内障手術後におこる後発白内障に対する手術装置です
レーザーを用いて後嚢切開を行い濁りをとります。
こ実施時間は1分弱で痛みもなく行える手技です。
また、閉塞隅角緑内障急性発作、慢性閉塞隅角緑内障、狭隅角で緑内障進行例等でも使用することがあります。
後発白内障とは
 
白内障手術を受けたのに数ヶ月あるいは2縲鰀3年してから手術を受ける前のように見えにくくなることがあります。
これは、人工レンズを固定した水晶体の袋(水晶体袋)が濁るために生じます。
濁りが水晶体袋の中心部にくると邪魔になるので、視力低下の原因となります。
この白内障手術後の水晶体袋の濁りを「後発白内障」と言います。
YAG
 
 
 
 
 
 

シノブト

 

 
眼位検査、両眼視機能検査、視能矯正訓練に使用します
斜視の状態であっても両眼視機能(同時視・融像・立体視)の有無を確認できる優れた器械です。
 
 
シノブト
 
 
 
 
 
 

スペキュラー

 

 
角膜の一番内側にある細胞(角膜内皮細胞)の数を測定したり、形を観察する機械です
角膜内皮細胞一度傷むと再生しないため、角膜にとってとても大事な細胞です。
その数が一定の数字以下になると、将来目の手術を受けられなくなったり、水疱性角膜症という恐ろしい病気になってしまう場合があります。
白内障手術前後、緑内障のレーザー治療、コンタクトレンズを装用されている方を撮影することがあります。
 
 
スペキュラー
 
 
 
 
 
 

トノレフ

 

 
眼の眼圧と屈折を1台で測定する器械です
移動も1回、更にテーブル・いす・あご台等の位置合わせが1回で済み、患者さんの負担が軽減します。
眼圧を測定することにより、緑内障をはじめとする様々な病気が見つかる場合があります。
屈折では遠視、近視、乱視の程度、角膜のカーブを測ります。
視力検査、眼鏡処方やコンタクトレンズ処方の際に重要です。
 
 
トノレフ
 
 
 
 
 
 

ヘス

 

 
眼球運動の異常がないかを検査します
斜視や、外傷等によって物が2重にみえたり、眼球運動に異常を認められる場合に検査を行うことがあります。
 
 
ヘス
 
 
 
 
 
 

レーザー

 

 
 
加齢黄斑変性症、糖尿 病網膜症、網膜血管閉塞症、網膜細動脈瘤、網膜裂孔などの治療に用いられる装置です。
 
 
レーザー
 
 
 
 
 
 

レンズメーター

 

 
 
お持ちのメガネ、できあがった眼鏡の度数の確認を行うのに使用します。
ハードコンタクトレンズやプリズム眼鏡の度数も調べることが可能です。
 
 
レンズメーター
 
 
 
 
 
 

ワック

 

 
 
器械の中に綺麗な立体風景を設置しております。
その立体風景を5分間眺めるだけで、遠くの景色を長時間眺めるのと同じ効果があります。
パソコン・ゲーム・読書などを長時間続けると、目のピントが近距離に固定されてしまいます。これは、眼球の水晶体を囲んでピントを調整する毛様体筋という筋肉が伸縮したまま固まってしまうからです。そこで、ワックにて焦点をぼかし、遠くに順応させる治療法を用いて、毛様体筋を緊張のない状態に戻します。
 
 
ワック
 
 
 
 
 
 

眼底カメラ

 

 
目の奥の部分(眼底)の写真を撮影します
目薬をさして瞳孔を大きくした状態(散瞳)で撮影する場合もあります。また、眼底カメラで撮影した画像は、ネットワークで繋がれ、診察室で確認することができます。
糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症など眼底疾患の診断には欠かせない検査です。血液の流れの状態や、通常の眼底検査では発見できない病変の状態を詳しく調べることができます。また、網膜の血管から血液の成分が漏れているかどうか、漏れていればその場所はどこか、といったことも判定できます。糖尿病網膜症の場合、レーザー光凝固術が必要かどうかを判断するうえで、蛍光眼底造影底検査は大きな助けになります。
蛍光眼底造影検査はどのように行なうのか?
 
腕の静脈から色素(フルオレセインまたインドシアニングリーン)を注射しながら、眼底カメラで網膜の血管の連続写真をとります。血液に入った色素は蛍光を発しますので、フィルターを通すと白く写ります。毛細血管が詰まっている部分は暗く写るため、正常な部分とはっきり区別することができます。
眼底カメラ
 
 
 
 
 
 

視力

 

 
視力を測定します。
通常よく使われる5mの距離で測るものと、1mの距離で測るものの2つのタイプがあります。当院では5m視力が3台、1m視力が1台あります。
 
 
視力
 
 
 
 
 
 

手持ち眼圧計 アイケア

 

子供の場合
小見出し1
通常の空気で測定する眼圧計だと、子供さんが嫌がって測定が難しい場合があります。この眼圧計は、綿棒のような先端で角膜に軽く接触するだけなので痛みはありません。
テレビや、遠くをぼんやり見ている間に測定できます。

eyecareyuuma

車椅子の場合
小見出し2
車椅子の移動が困難な方も、移動せずに眼圧だけであれば、車椅子のまま測定が可能です。

eyecarekurumaisu

 

Copyright(C) Sueshige Eye Clinic All rights reserved.