緑内障について

緑内障とは:

40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障を発症しており、加齢とともに増加しています。
しかし、そのうちの9割の人が、自分が緑内障だと気付かず、適切な治療を受けていません。



緑内障は、何らかの原因で視神経が障害されて、見える範囲が挟くなる病気です。


初めは、目の中心からやや離れたところに暗点(見えない点)ができますが、自分自身で異常に気づくことはありません。


中期になると、暗点が拡大し、見えない範囲が広がり始めます。
この段階でも通常は両眼で見ており、目を動かしているため、多くの人は異常に気付きません。


末期になると、見える範囲はさらに狭くなって、視力も悪くなり日常生活にも支障をきたすようになります。

斜視の欠損 style="width:400px; height:150px; margin-left:26px;" />


一度失われた視神経線維は、元に戻りません。
病気の進行とともに見える範囲が次第に狭くなり、失明することもあります。

正常眼圧緑内障(NTG):

これまで緑内障の原因は、眼圧が高くなることで視神経乳頭が眼球内部で圧迫を受けるためだと考えられてきました。
近年では、緑内障は視神経乳頭の強さと眼圧のバランスが崩れて視神経障害が進む病気であることが解っています。
発症例の中には眼圧が正常値内の場合もあり、
最近の調査では40歳以上の約5%が緑内障を発症しており、しかもその過半数は眼圧が正常範囲にありました。


緑内障は一般的にほとんど自覚症状がありません。
神経障害の進行は遅く、視野は少しずつ欠損していくので異常を感じることがありません。
そのため、知らないうちに病状は悪化していきます。

緑内障の検査:

緑内障により、一度狭くなった視野は元に戻りません。
しかし、早期に発見し、適正な治療を行うことで病気の進行を抑えることができます。
40歳を過ぎたら、年に一度は眼科専門医で検査を受けましょう。


緑内障は以下のような検査をします。


検査内容について

緑内障の治療:

眼圧を下げる方法には、薬物治療、レーザー治療、そして手術があります。
緑内障の治療に使われるものは点眼薬(目薬)や飲み薬がメインになります。
なかでも、点眼薬を使った治療は開放タイプの緑内障に効果的とされています。

急いで眼圧を下げなければいけないというような場合には、注射薬が使われることもあります。

手術が必要な場合は網膜光凝固術、硝子体手術等を行います。

網膜光凝固術:

特殊なコンタクトレンズを介して、眼底にある網膜にレーザーを照射します。
レーザーを照射することにより組織の熱凝固が起き、その結果病気に対して効果が得られます。

硝子体手術:

眼球の中には、硝子体というゼリー状の組織があります。
角膜の横から細い器具を挿入し、眼の中の出血や濁りなどを硝子体と一緒に取り除く手術です。

レーザー虹彩切開術:

閉塞隅角緑内障では虹彩にレーザーを照射して小さな孔を開け、
そこを房水が通るようにすることで隅角を広げて眼圧を下げます。


Copyright(C) Sueshige Eye Clinic All rights reserved.