日帰り白内障手術

日帰り白内障手術とは

眼の中の曇ってしまった水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入する日帰り手術です。通常は点眼麻酔のみで痛みを感じることなく手術が可能です。しかし、手術が難しいと予想される場合は、局所麻酔の注射を併用することがあります。手術の所要時間は平均して数分ですが、散瞳不良・角膜混濁・重度の浅前房・水晶体の核が非常に硬いなど、目の状態によって長くなることもあります。体の状態などによって入院手術が必要な場合は藤田医科大学の紹介もいたしますのでご安心ください。

白内障手術の方法

  • Step1

    黒目と白目のさかいを切開します(図)。水晶体を包む水晶体嚢の前の部分を円形に切開し、水晶体の核と呼ばれる硬いところを分割します。

  • Step2

    水晶体の核と呼ばれる硬いところを分割します。器具の先から超音波を発振しながら分割した水晶体をさらに細かく砕き、眼の外に吸い出します(図)。

  • Step3

    水晶体の代わりになる眼内レンズをインジェクターと呼ばれる専用器具で丸めて眼の中に挿入します(図)。眼内レンズが水晶体嚢の中で広がってレンズが固定され、手術は終了です。

来院から退院までの流れ

  • 来院

    来院

    近頃遠くがぼやけて見える、物がかすんで見える、老眼鏡をかけても新聞が見えにくい、車の免許が通らなかった、などの症状がある方はご来院ください。

  • 診察・検査

    診察・検査

    • 視力
    • 眼圧
    • 水晶体の濁りの状態
    • 眼底
    • 眼軸長測定検査
    • 屈折検査
    • 血液・角膜内皮細胞検査 などの診察・検査を行います。
  • 日帰り白内障手術

    日帰り白内障手術

    手術後、短時間で歩くことができます。

  • 定期検査

    定期検査

    定期的に通院を行います。

ページトップへ戻る