豊明市だけでなく、名古屋市緑区、刈谷市、東郷町などからも通いやすい眼科クリニック。

スタッフブログ

カテゴリ「視能訓練士」

 『眼鏡がなくてもよく見える』。遠視のお子さんの眼鏡でたまに聞かれることですが、眼鏡なしでも片目の裸眼視力がいい子供さんに多い訴えだと思います。子供さんにとっては眼鏡なくても見えるのに装用するのは煩わしいと感じます。ただ、主に訓練しているのは反対の見にくいほうの眼の視力を底上げするためであって眼鏡はバランスをとって両眼でみるためには必要です。
 
 大きくなってくると眼鏡をはずしたくなってくる子供さん、またご両親もはずしてあげたいと思うこともあると思います。裸眼のときは実は見えているけど負担がかかり、またバランス感覚が悪くなることもありますので、きちんと眼科で相談をしてからにしましょう。

 
 

 去年の話ですが当時7歳の女の子が視力検査で来院、頭痛があり内科で薬をもらっているとのことでした。念の為詳しく検査したところ、強い遠視がありました。遠視も頭痛、眼精疲労、眼痛、肩こりなどの原因の一つになる可能性があり、弱い遠視でも個人差や年齢によりますが負担を感じることがあります。

 その子は今でも当院で眼鏡を常用して経過をみていますが、頭痛はなくなり薬はもう使っていません。遠視の眼鏡をすることでピントの補助だけでなく、負担面も軽減してあげることが可能です。子供さんでも頭が痛い、集中力が続かないなど眼科とは関係なさそうな症状があっても実は影響していることあります。ただ、必ずしも遠視の眼鏡を装用したら症状がなくなるとは限りません。あくまでも原因の一つの可能性で良くなった例です。

 あと、遠視の強いお子さんほどご両親の話を聞くとテレビや本をを大分近い距離でみたりすることが多いような気がします。本当は近くほど負担がかかり距離をとったほうが理論的には楽だと思うのですが、見にくいから自然に距離をつめてなんとか見ようとしているのかと推測します。

 視野検査はそれぞれの眼でまっすぐ前方を見ているときに上下左右どの位の範囲が見えているか、見にくくなっている箇所がないかを調べる検査です。視野検査によって、眼、視神経、脳などの沢山の病気を早期発見すること可能です。

 当院では2種類の検査機器があります。ひとつは自動視野計といって機械で自動的に光をだし検査を行います。もう一つは私たち視能訓練士が行う視野検査があります、私が機械を操作し光をだして検査を行います。自動視野の場合は主に中心を細かくみる検査ですが、私がやる検査は視野全体で異常がないか検査します。

 視野検査は顎を検査台に乗せて固定し片目づつ検査を行います。ドームの中に光が点滅したり動いて見えたりするので、その光を眼で追わないようにして中心の指標から目を動かさないで光を感じたらボタンを押してもらいます。簡単に聞こえるのですがこれがなかなか難しい。私からは患者さんの眼の動きがわかるので動いたら声かけするのですが、本人は動いていないつもりでもどうしても反射的に追ってしまうことも多いかと思います。

 視野検査は大事な検査なのですが患者さんの負担はかかります。1点に集中し20分前後座っていないといけないので、『姿勢がつらい』『光が見えているかわからない』『眠くなる』という声が患者さんからあります。しんどい検査ですが、検査中も休憩をはさみながらなるべく負担を減らすように心がけていますので一緒に頑張りましょう。

 30代後半の患者さん、2週間前くらいから両眼の奥が痛く、疲れやすい、眼を細めているほうが楽との主訴です。市販のピントを合わせる目薬を使用しても改善しないとことで、いろいろ検査してデータを見ると遠方は裸眼でも運転に困ることのない視力が出ていますが、手元を見るときは負担がかかっているようでした。仕事は6~8時間程度手元の細かいものをみていることが多いとのことでした。

 遠くがよく見える方は、遠視といってピントが網膜よりも後ろにある状態か、正視といって網膜上にある可能性が高いです。若いうちは眼の筋肉が強く気づきにくいですが、物をみるときは負担がかかっています。特に手元に近づければ近づけるほど眼に負担がかかります。
 
 もう老眼かな?とその患者さんは気にされていましたが、眼の筋肉の衰え、水晶体が段々と弾力性がなくなってくるのは誰でも起こりえます。また比較的若いうちから起こる場合もあると思います。ややこしいですが、もともと手元にピントが合いやすい近視の方は、衰えてきていても遠視や正視の人よりは気が付きにくいと思います。

 患者さんには、手元用の眼鏡をトライしてもらい大分楽になったような感じがするといってもらえたので処方箋をおだししました。仕事中は眼鏡を常用してもらい20~30分おきくらいに遠方をみて数分休憩してもらうようアドバイスをさせてもらい、これで症状が軽減してくれると嬉しいです。

 頭が少し斜めになっているという訴えの11歳の子供さん。昔眼科受診したことあるけど特に異常はなかったが長い間気になっていたということです。頭を少し左に傾けていますが、視力、両眼視機能は良好です。上下斜視の疑いがあり、頭を反対の右側に傾けて検査すると斜視があらわれて、物が2つに見える訴えもありました。視力なども良好で傾きもわずかなので、上下のずれなどはその時の訴えなどないと難しいと思います。

 片目をつむる、まぶしがる、物が2つに見えるなどの訴え、頭の位置、顔を傾けて物を見ることが多い場合は、斜視などを疑いますので気になる方は一度受診をお勧めします。
 

 以前は特殊眼鏡で症状が軽減したビジュアルスノウ疑いの子供さんの症状軽減につながった話をしました。前回の子供さんは常に症状があり、視力でも顕著に影響しており日常生活も苦痛に感じていました。今回も同じような主訴の10代の子供さんでしたが、症状が気になるのが薄暗くなると気になるが、視力にはほとんど影響しないパターンです。

 先週同じように特殊眼鏡をいくつかトライしてみましたが、症状が逆にひどくなったりほとんど変化ないものが多かったです。この子は間欠性外斜視もあったのでその検査も行い、顔を傾ける以外は特に主訴はなく、外斜視では物が2つにみえる訴えはありましたが自分で正常な状態に戻せます。念のためプリズム眼鏡もトライしてみましたが症状は変化なしでした。

 ビジュアルスノウはかなり症状に幅があるそうで原因はわかっていないそうです。眼に症状が出るのですが脳が異常興奮をして正常とは違うものを見せてしまうのが原因の一部と考えられているようです。眼底所見などないため患者さんからの訴えのみでの対応なので難しいですね。

 次回は念のため、さらに詳しい検査を行う予定です。あと少し考えがあって特殊なアイテムもトライしてみようかと思います。症状が軽減してくれれば導入できないかなと考えております。他にも物理的にできることで症状が軽減するのが何かあればいいのでしょうが・・・

 前回は内斜視のことを書きましたが、今度は逆で外斜視のパターンです。その方は私が担当している外斜視の子供さんの母親で、お二人とも疲れている時など視線が外側に向いたり、調子いいときは両眼でみることもできる斜視の状態です。ご家族で誰か斜視があったり、遠視があって眼鏡をかけている方がいるなら念のため、他の子供さんも検査を受けておくといいです。

 5月頃に母親も一緒に受診され、斜視があり3年前に作成した眼鏡が見にくく新しいのを希望されるというこでした。度数を確認し、検査するとこの眼鏡の度数が大分強いものでした。眼鏡屋で作成と言っていましたが、どんな処方したらこんな度数になるの?というようなびっくりする値で、これは見にくいのも納得で他の症状がでなくて良かったです。外斜視の場合、眼の視線を正常な状態に維持するためにわざと度数を強くして維持する方法もありますが、さすがにこの眼鏡の度数は強すぎだと思いましたし、特に眼鏡屋でも説明などなかったと言っていたので違いますね。

 また、斜視の角度も大きくデータを取るときに力が入って強めに出やすい状態でした。疲れはないとのことでしたが、もうすぐ40代になるので今後のことも考え度数を下げて処方しました。そして、先月受診されて様子を伺ったところ、今度はピントが合いにくく右眼でみて左眼でみてを繰り返している感じがすると違和感の訴えがありました。その時合わせた視力が右0.9、左1.0くらいだったのですが斜視のある方はこのように固視交代と言って効き目が入れ替わる方もいます。

 今回は両眼とも1.2近く左右差なしで合わせて更に経過を見ることにしました。これでバランスがとれてくれればいいと思います。まだまだ学ぶべきことは多いです。

 先日の強すぎる眼鏡の話に関係することですが、4月に30代女性が1か月前から疲れてくると物が2つに見えるという主訴で来院されました。普段は他店で作成した眼鏡とコンタクト両方使用しており、その2つとも当院で検査した近視の矯正値より大分強すぎるものでした。

 この方は、更に内斜視と言って視線が内側に向かっている状態になっていました。以前はたまに2つに見えることがあると言っていたので、多分その時は斜位の状態を維持できていたのだと思います。斜位とは隠れた斜視とも言われることがありますが、ほとんどの人にあると思います。両目を開けている時は正常な両眼視機能があり、距離感を取るために必要な機能です。

 強すぎる眼鏡を装用していると眼の筋肉を酷使しますが、ピントを合わせようとすると寄り目にする機能も同時に働くので元々あった内斜位が維持できなくって、より内側に悪化させて内斜視になり物が2つにみえるようになったことのも原因の一つと考えられます。

 この方も眼鏡の度数を下げ、できるだけ外出時、運転の時だけ装用、手元も丁度パソコンがみえる距離くらいの近視だったのでスマホなどを見る時は眼鏡を外し、コンタクトは一旦中止してもらいました。これで駄目なら特殊眼鏡で対応することもお話してありました。
その後、5月に来られた時は少しよくなってきたといっておられたので良かったです。このまま更に軽減して斜位の状態維持ができればいいですね。

 このように、強すぎる眼鏡は嘔吐や眼痛などだけでなく斜視なども誘発する可能性もあるかと思います。

 4月頃から学校検診がはじまり、学校で検診の紙をもらってくる子供さんが多くなりましたが、最近は少し落ち着いてきました。

 眼鏡を眼鏡屋さんで作成して持ってこられる方も多いですが、特に子供さんは眼科で処方箋をもらってから眼鏡を作成することを強くおすすめします。過矯正といって強すぎる眼鏡を装用している子供さんをみかけることがあります。子供さんだけでないですが、小さい子は目の筋肉が強く、近視のデータなどが本来の数値より強くでる傾向があります。強すぎる眼鏡を装用していると、眼の筋肉を必要以上に使ってしまい眼精疲労、眼痛、近視をより進めてしまう可能性もあります。

 この前は20代くらいの方でしたが、嘔吐、眼痛を訴えて来院されました。話を聞くとパソコンを長時間利用する仕事をされており、検査すると眼鏡の度数が強すぎでした。強すぎる眼鏡は手元の作業をするときに余計に眼の筋肉を酷使します。度数を落として、再処方しパソコンを見る時は眼鏡を外す、休憩するなどを心がけてもらいその後嘔吐や眼痛はなくなりました。

 子供さんは個人差ありますが、眼の筋肉が強いので知らず知らずのうちに負担がかかっていることがあります。

 壊れたテレビ画面のような見え方がするという10代の子供さんが2か月前に受診されました。症状がひどく学校への通学にも支障がでているということでした。大学病院、総合病院、県外の病院まで通院されたようですが異常なしと言われたとのことです。

 当院でも卓球の水谷選手のビジュアルスノウの話がなければ、心因的なものなのかなと思い特に視能訓練士のほうでも対処することはなかったかもしれません。幸いこの子は特殊な眼鏡をすることで視力も向上し、日常生活も楽になったそうです。また、学校にも少しずつですが通学できるようになりましたと言っていたので喜ばしいです。

 先週同じような主訴の子供さんがおり、その子はネットでビジュアルスノウを自分で検索して来院されたので、認知度はまだ低いと思いますがこれからは増えてくるかもしれないですね。

スタッフブログ一覧にもどる

ページトップへ戻る